テニスの基本はネット越しにボールを打ち合うこと

テニスは、ネットで相手との境界を作り、ラケットでボールを打ち返しをするスポーツです。

ゲームの流れと種類


テニスは、1対1や2対2のシングルスとダブルスがあります。そして、男女ペアの2対2で行うテニスはミックスダブルスがあります。

ゲームはスタートは、コートの外からサーブで始まります。そして、そのボールを打ち返すということが続きます。
そして、自分のコート内に入ってきた場合は、ノーバウンドまたはワンバウンドで相手へのコートへ打ち返していきます。

得点は1セット1ポイントとして得点が得られます。その呼び方は記事の一番下を参照してください。

基本は、4ポイントを先にとると1ゲーム獲得することができて、6ゲームを先にとったほうが、1セットとして獲得となってます。そして、試合の勝敗は、ゲームまたはセットを多く取った数によって決まります。

シングルスとダブルス

1人対1人のシングルスコートで行うシングルス、同性の2人対2人によるダブルスコートで行うダブルス、男女ペアの2人対2人によるミックスダブルスの種類があります。

得点の数え方

1つのプレーに勝つとポイント1つ得られます。下記は、ポイントの数え方です。

  • 0ポイント:ラブ(0:Love)
  • 1ポイント:フィフティーン(15)
  • 2ポイント:サーティ(30)
  • 3ポイント:フォーティー(40)
  • ゲーム

続いて、テニスのコートの種類と反則やマナーのページへ

Last update:2014/10/15